チームメンバー紹介 歯科医師 土屋 知加 スタッフ紹介|福山・岡山・広島の歯科医師・歯科衛生士、求人、転職情報

TEAM メンバーを知る

歯科医師紹介

歯科医師 土屋 知加

一言メッセージ

歯科医師の仕事は、美味しく食事が摂れれば、患者さんを笑顔にする事ができる、本当に素敵な仕事だと思います。数多くの笑顔が戴ければ幸せです。

【当院に勤務してからの感想】
雰囲気がよく、スタッフ全員が同じ目標を持っていて素敵だとおもいます。

【趣 味】
料理を作ること

患者さんの笑顔をたくさん見ることが出来るように頑張っていきます。

自己紹介

私は福山の出身です。大学生時代、研修医そして修練医時代を岐阜で過ごしました。 高校時代は将来の事をあまり深く考えることはありませんでした。

両親の影響もあり医療関係の仕事には就きたいなとは思っていました。


大学1年生では友達もたくさん出来て、初めての一人暮らしということもあり、楽しい学生生活でした。

 

1年から4年生まで準硬式野球部のマネージャーとしてとても充実した期間でした。

部員、マネージャーみんなが力をあわせて、一つの目標に向かって頑張り、 辛い時は、みんなで励ましあったり、意見がぶつかった時は全員で納得するまで話し合いました。
また、ベスト3に入ったときは涙を流して喜びました。

 

こうやって共に悔しがり、共に慰めあい、共に励まし合える本当に素敵な仲間に出会えたと思います。その時、心の底から、仲間って素敵だなと実感しました。

4年生で部活を引退し、勉強に本格的に専念するようになりました。4年生になるとOSCE(客観的臨床能力試験)のテストがあり、患者さんに面と向き合ってコミニケーションをとることは簡単ではないと痛感しました。

 

勉強や実習が大変で何度も歯科医師になる事を諦めたこともありましたが、クラブ活動のことを思い出したり、仲間の励ましもあり乗り切ることができました。

5年生になると、病院での実習があり、患者さんを前に実際に診断をしたりもしました。
6年生になると臨床を離れて、国家試験に合格するため必死に勉強をしました。毎日がテストに追われる日々で心が折れそうになったことが何度もありました。しかし、家族や親友に恵まれたおかげで無事に国試に合格することができました。

研修医になって、いざ臨床の場に立つと思った以上に大変で、先輩にしょっちゅう怒られたり、同じことを度々失敗したり、心が折れそうになったことが幾度もありました。

以前、勤務していた大学病院は、とてもいい人ばかりで遅くまで残って何が間違っているか、どうしたら治療が上手くできるか、アドバイスをいただきました。 今では、それらがとても役立っており、先輩方にはとても感謝しています。

最後に、私が尊敬しているのは父です。父は私と同じ医療関係の仕事をしています。
あまり口数の多い方ではありませんが、仕事に対してとても一生懸命で、常に勉強をして努力する人です。

患者さんからの信頼も厚く、いつかは父のようになりたいと心がけています。
そのためには、日々一生懸命研鑽し努力するしかありません。

ここの歯科医院で治療してもらって良かったと、一人でも多くの方に思ってもらえるように頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

応募フォーム
資料請求
∴ Page Top ∴

Copyright © 歯科医師の求人情報なら「なかむら⻭科クリニック」, all right reserved.